英作文 英語力アップ

自由英作文テンプレート【英語エッセイ対策】基本構成と書き方のコツ

自由英作文は、自由であるがゆえに、どういう構成で書けば良いのかわからないとか、具体的に何をどう書いたら良いのかわからないと思われている方も多いと思います。

 

自由英作文というのは、トピックが自由なので会って、構成する際の「エッセイの型」は決まっていまして、そのパターンに当てはめて書けばどんなお題でも書けます。

 

今回は、もっとも基本的な自由英作文のフォーマットといいますか、「型・決まった様式」(テンプレート)についてご紹介したいと思います。

自由英作文の基本テンプレート

自由英作文は、イントロダクション(導入・序論)、ボディ(本論)、コンクルージョン(結論)という3つの部分に分けて構成されます。

 

盛り込みたい内容が多ければ、ボディの部分をその分増やしていけば良いです。

どのような作文のお題や内容であっても、このパターンで全て書くことができます。

参考英作文・英語エッセイのテンプレートフォーマット (PDFダウンロード可)

 

イントロダクション(導入)パラグラフに書くこと

まず、自由英作文の冒頭のイントロダクションと呼ばれる導入部分で書くべきことは、以下の3点です。

 

背景となる知識や一般的な情報などから書き始める

唐突な印象になってしまうので、いきなり冒頭から自分の意見を述べない方が良いです。

 

背景知識や一般的に誰でも知っているような内容などを述べてから、徐々に焦点をしぼってゆき、一番伝えたいこと(Theses statement)につなげていきます。

 

必ず ”theses statement” (一番伝えたいこと)を書く

Theses statementというのは、命題などと訳されたりしますが、要するに、この自由英作文全体を通して、あなたが最も伝えたい一番の核となるメッセージです。

 

このTheses statementがないと、全体の一貫性が保てなくなりますので、必ず書きましょう。

 

ボディ部分で述べる根拠・理由にも触れる

これから述べてゆくエッセイの全体像が読者にわかるように、ボディ(本論)部分で詳しく説明することのポイントに触れると効果的です。

 

ここでは詳しく書く必要がないので、短い語句で照会する程度でも大丈夫です。

重要なことは、ボディで2つのポイントを述べるのであれば、2つの要点を挙げて、羅列で良いので少しだけ言及することです。

 

これが、後のパラグラフへとスムーズにつながり、論理の一貫性を保つためにも重要です。

 

ボディ(本論)パラグラフに書くこと

ボディのパラグラフは、2つのポイントを説明する場合は、2つのパラグラフ構成になりますし、3つのポイントであれば、3つのパラグラフ構成にしていきます。

 

トピックセンテンスを必ず書く

ボディのパラグラフにおいては、第1文目に、トピックセンテンス(Topic sentence)といって、そのパラグラフ全体のことを述べる主張文を書きます。

 

この主張文は、イントロダクションで言及した2つ(もしくは3つ)のポイントの1つとつながっている内容になります。

 

サポートアイデアを詳しく書く

トピックセンテンスで述べたことをサポートする具体例や、根拠となるエピソード、データや事実などを加えます。

 

パラグラフをまとめる文で締めくくる

パラグラフを締めくる文は、新しいアイデアを加えない方が良いです。

パラグラフをまとめて、トピックセンテンスに説得力をもたせましょう。

 

つなぎ言葉の例

ボディの部分は、最低でも2つのパラグラフがあり、内容が多ければ、3つ、4つと増やしてゆくことができます。

ボディの部分は、パラグラフごとに内容は異なりますが、「つなぎ言葉」を上手に使ってスムーズにつなげてゆけると効果的です。

  • Firstly, secondly, finally
  • First, second, third, Last
  • For one thing, another thing
  • One reason is that, another one is that
  • First of all, in addition, moreover, most importantly

コンクルージョン(結論)パラグラフに書くこと

最後のパラグラフは結論の部分になります。

ここでは、これまでの内容を振り返ってまとめて、論理的に主張しましょう。

 

全体のまとめや要約

これまでボディで述べてきたことを、要約し、わかりやすくまとめます。

 

結論部分で新しい内容が突然出てくると、論理が弱くなる可能性があるので、ここでは全体をまとめることに徹しましょう。

 

予想される反論への配慮

自分の主張に反論する意見にも言及することで、更に論理的になり説得力が増したりしますので、1つのテクニックとしておすすめです。

 

最終的な結論・提案など

冒頭のTheses statementで述べたことを、もう一度、力強く主張します。

 

イントロダクションで使ったものと同じ表現を使うよりは、似た表現や、同じ意味でも異なる単語を使うなどして、バリエーションを加えると更に良いでしょう。

サンプルエッセイのお題・自由英作文の見本

今回は、試しに、次のお題で、テンプレートに沿って、見本サンプルエッセイを書いてみたいと思います。

 

Studying abroad is good for people who learn foreign languages.”

語学学習者にとって海外留学は良い

 

イントロダクション

近年のグローバル化の進展により、わざわざ世界に出てゆかなくても、自国内で世界中の情報を簡単に手に入れられるようになった。

With the recent progress of globalization, you can easily obtain information from all over the world in your own country without going abroad.

 

しかしながら、そのような便利な時代においても、視野を広げることや経験を積むことの大切さといった2つの理由から、語学学習者にとって海外留学は重要であると私は考える。

However, even in such a convenient age, I believe studying abroad is important for language learners because of the two reasons; importance of expanding their horizons and gaining experience.

 

ボディ①

まず第一に、海外留学は語学学習者の視野を広げるために良い。

First of all. studying abroad is great for language learners to widen their field of view.

 

例えば、彼らは海外から自国を客観的に見ることができ、自国と外国の比較によって新しい見方を学ぶことができる。

For example, they can see their country objectively from abroad and can learn new perspectives by comparing both countries.

 

ボディ②

2つ目として、海外留学で、語学学習者は様々な経験を積み、実践的な学習ができる。

Secondly, learners can gain various experiences and practically improve their language skills while studying abroad. 

 

つまり、母国語が話せない環境において、外国語をたくさん使う経験を通して早く上達できる。

They can improve the foreign language quickly in an environment where they can't speak their mother tongue.

 

コンクルージョン

結論として、語学学習者は、視野が広がること、良い経験を積めることという二つの理由から、海外留学をする方が良いと私は考える。

In conclusion, I think it is better for language learners to study abroad because they can broaden their horizons and gain fruitful experiences.

 

現代のグローバル社会において、国内で語学を学べるという意見もあるが、海外に出向いて学ぶことは、価値ある投資となるだろう。

Although some people insist that we can learn languages without going abroad in this globalized society, studying abroad will be a valuable investment.

 

今後ますます多くの語学学習者が、海外留学を通して学べるようになると良いと私は思う。

I hope  more and more language learners will improve their skills through studying abroad.

 

自由英作文テンプレート・まとめ

今回は、自由英作文の基本テンプレートをご紹介しました。

大切なことは、さまざまなお題で、自分で間違えても良いので、何回もエッセイを書いて練習してみることです。

 

良い英文を書きたいと思って、さまざまな英文を読んでみると、使ってみたい良い表現に出会えたりします。

書く練習に関しては、一朝一夕に結果が出るものではありませんが、正しく努力を続けることで結果は必ずついてきます。

  • この記事を書いた人

わびさび

北陸は福井の全国通訳案内士&ブロガー。 大学時代に1年間の語学留学を経験。 その後、働きながら独学で英検1級と全国通訳案内士試験合格。 英語学習者の1人として、英検や通訳ガイド試験対策、英語の学習方法やモチベーションの維持に関することも発信中!

-英作文, 英語力アップ

Copyright© Pleasure-Japan , 2020 All Rights Reserved.